Java

オブジェクト指向用語

カプセル化
属性とその操作を組み合わせてひとつのクラス内に持たせること。
データの隠蔽
オブジェクト内の属性は非公開にして、操作は公開すること。
継承
あるクラスの特徴を引き継いだ新しいクラスを定義すること。
多様性
内部構造の違いを意識することなく同じ呼び出し方法でオブジェクトを利用できること。
オーバーロード
シグネチャが異なれば、異なるメソッドとしてコンパイラやJVMに識別される仕組み。
具体的には、同じメソッド名で、引数違いのメソッドのことを指す。
シグネチャ
メソッド名と引数(型、数、順番)のセットのこと。
メソッドを一意に識別する条件。
オーバーライド
目的に従ってスーパークラスのメソッドをサブクラスで再実装すること。

プログラミング用語

コンストラクタ
インスタンスの準備をするメソッドでインスタンス生成と同時に自動的に実行される。
インスタンス
クラスの具体的な実体を定義すること。(クラスをnew する)
変数には、インスタンスそのものではなく、インスタンスへの参照情報が入っている。
インスタンス変数
インスタンスごとに、異なる値を持つためのフィールド。
インスタンスメソッド
インスタンスが持つメソッド。(newした後に使用する)
クラス変数
staticで修飾してインスタンスで共有する値を持つためのフィールド
クラスメソッド
staticで修飾してインスタンスを生成しなくても動作するメソッド。
キャスト
暗黙の型変換
データ型が異なる「サイズの小さな型」から「サイズの大きな型」へ代入する際にプログラム上で「自動的に」行われる型変換のこと。
明示的型変換
データ型が異なる変数に対して、代入する際に行う型変換のこと。
アップキャスト
サブクラス型をスーパークラス型として扱うこと。
ダウンキャスト
スーパークラス型をサブクラス型として扱うこと。
抽象クラス
実装を持たない操作を持つクラスで、このクラスをインスタンス化することはできない。
サブクラスでは抽象メソッド(実装を持たない操作)をオーバーライドする必要がある。
定数を定義できる。
抽象メソッド
abstractで修飾して実装を持たない定義だけのメソッド。
具象クラス
抽象メソッドを持たないクラスで、インスタンス化することが出来る。
具象メソッド
実装を持つメソッド。
インターフェース
基本的に実装を持たない抽象メソッドのみを定義出来、インスタンス化出来ない。
インターフェースを実現(implements)したクラスに対して抽象メソッドをオーバーライドを強制することが出来る。
パッケージ
クラスを分類するためのもの。
対象のクラスがどのパッケージに属しているかは、package宣言で行う。

プログラム用語

abstract
抽象を表す修飾子。
class,interface,methodに修飾子を指定することが出来る。
static
共有を表す修飾子。
class,interface,method,変数に修飾子を指定することが出来る。
public
すべてのクラスからアクセスできるアクセス修飾子
protected
現在のクラスとサブクラスからアクセスできるアクセス修飾子
private
現在のクラスからだけアクセスできるアクセス修飾子
final
上書きを禁止する修飾子。(classに指定した場合、継承を禁止する)
class,method,変数に修飾子を指定することが出来る。

Java API

Java SE
Java SEとは、Java Platform, Standard Editionのこと。
Java言語の機能セットの一つで、「基礎となる標準的な機能」をまとめたもの
Java EE
Java EEとは、Java Platform, Enterprise Editionのこと。
Java言語の機能セットの一つで、サーバや企業の情報システム、「大規模システム」など向けの機能をまとめたもの。
Java ME
Java MEとは、Java Platform, Micro Edtionのこと。
Java言語の機能セットの一つで、「情報家電や携帯端末、組み込み機器」向けの機能をまとめたもの。

Java パッケージ

JRE
JREとは、Java Runtime Environmentのこと。
コンピュータシステム上でJavaアプリケーションを「動作できるようにするソフトウェア」である
JDK
JDKとは、Java Development Kitのこと。
プログラミング言語のJavaで「ソフトウェア開発を行うのに必要なソフトウェア」を一つにまとめたパッケージである。

実行関連

.java
.javaとは、プログラミング言語javaで書かれたソースに付く拡張子のことである。
通称:ジャバファイル
.class
.classとは、コンパイルされた後のJavaファイルに付く拡張子のことである。
通称:クラスファイル
JVM
JVMとは、Java Virtual Machine(Java仮想マシン)のこと。
Javaバイトコードとして定義された命令セット(クラスファイル)を、
Javaバイトコードが実行されたOSやCPUアーキテクチャーといった
「実行環境に応じたネイティブコードに変換して実行する仕組み、またはそのソフトウェア」のことである。
.jar
JARとは、コンピュータプログラムを格納するファイル形式の一つ。
Java言語で開発された「プログラムを構成するファイル群を一つにまとめて格納するため」のもの。
通称:ジャーファイル
ガーベジコレクション
不要になったメモリ領域を自動的に開放する機能。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-09-22 (土) 23:19:33 (328d)